Something Four(サムシングフォー)と言う言葉を聞いた事がある方も多いと思います。

サムシングフォーとは花嫁が幸せになりますように… と、
願いが込められたマザーグースの歌が由来となっている ヨーロッパに古くから伝わるおまじないです。
このおまじないで多くの花嫁が幸せな結婚生活を送ってきたそうです。

「なにかひとつ古いもの」「なにかひとつ新しいもの」
「なにかひとつ借りたもの」「なにかひとつ青いもの」
この4つを結婚式当日に新婦が身につけると幸せになれるそうです☆

Something Old(なにかひとつ古いもの)
先祖代々伝わった物。家族から譲られた宝飾品や、母や祖母の結婚衣装、 ベールやレースなどの小物。
そのなにかを結婚式の日に身につける。

Something New(なにかひとつ新しいもの)
新しい人生、新生活を踏み出す事。基本的には新調した白いものを用意する。
花嫁衣裳や、サテン製の長手袋などを結婚式の当日に身につける。

Something Borrow(なにかひとつ借りたもの)
友人や隣人から幸せを分けてもらうこと。
幸せな結婚生活を送っている友人、隣人から ハンカチやアクセサリーを借りて結婚式の日に身につける。

Something Blue(なにかひとつ青いもの)
青は純真を表します。サムシングブルーは目立たない場所につけるのが良いと言われています。
青いなにかを結婚式の日に身につける。

そして4つのサムシングフォーに続く最後のおまじない…

Sixpence in her shoe…(そして靴の中には6ペンス銀貨を…)
結婚式当日、花嫁の左靴の中に6ペンス銀貨を忍ばせてください。
これで幸せのおまじないの完成です。
現在は6ペンス銀貨は通貨としてはありませんが、 レプリカやシルバーコインを代用しているようです。

皆様もサムシングフォーを取り入れて結婚式を迎えられてはいかかでしょうか?
次回は実際、結婚式当日皆さんがどのようにサムシングフォーを取り入れているのか
お伝えできたらと思いますので、是非!参考にしてみてください♪